ごみ減量活動

生ごみ減量

生ごみから資源へ

家庭の「もえるごみ」の約35%が生ごみです。燃やしてしまう前に、減量と資源活用をお願いします。生ごみは堆肥化することで、ごみが減るだけでなく、菜園の土壌改良材などに活用することが出来ます。土壌改良材にするのもいろいろな方法があります。楽しみながら生ごみを減量しましょう。

段ボールコンポスト体験者の様子

「エコで楽しい!ごみ減量!」ブログ更新中

  
  

「段ボールde生ごみ処理」テキスト配布

本NPOは、ごみ減量を主とする活動を 平成20年の設立当初より推進してまいりました。
この取り組みの集大成として、市民に分かりやすく普及が促進されることを目的とした「段ボールde生ごみ処理」のテキストを作成。浜松市民に配布しています。(限定配布)
「段ボールde生ごみ処理」テキスト

家庭の生ごみ減量作戦『家庭で簡単楽しくごみ減量」』・『食品ロス削減』


本事業は、平成28年度・平成31年度(公財)はましん地域振興財団 助成事業 です。

生ごみ減量セミナー

平成30年度 『ごみ減量天下取りセミナー』

家庭から出される「もえる」の約4割が生ごみです。生ごみを減らすためのいろいろな方法や、家計にも身体にもやさしい食品ロスの削減を考えます。また、簡単に実践できる減量方法として「生ごみ堆肥化容器の使い方」「できあがった堆肥の使い方」などを紹介/説明しています。
平成30年度 生ごみ減量セミナー

段ボールコンポストを使った、これまでの取り組み(平成25年度まで)

段ボール式生ごみ処理講習会&モニター募集(浜松市H25年度委託事業より)
段ボール式生ごみ減量容器説明会の様子(浜松市H24年度委託事業より)

紙類の減量

紙容器リサイクル事業

   
2021年4月1日より家庭で食べ終わった紙容器カップ(ヨーグルト容器・アイスクリーム容器)と紙コップのリサイクル事業を企画運営することになりました。

主催 日本製紙(株) > ニュースリリース
共催 浜松グリーンウエーブ(株)
※古橋廣之進記念浜松市総合水泳場「ToBiO」と 浜松市西部清掃工場の運営・維持管理を浜松市より受託。
後援 浜松市 > 浜松市 報道発表
企画・運営 NPO法人エコライフはままつ
回収場所 浜松市西部清掃工場 環境啓発施設「えこはま」1F

事業紹介されました

2021年3月26日㈮ 中日新聞 朝刊12面
2021年3月30日㈫ 静岡新聞 朝刊21面 
2021年5月21日㈮ 中日ショッパー 6面

・2021年4月12日㈪ 浜松ケーブルテレビ㈱ ウィンディニュース さんちょく
10:00/12:00/15:00/18:00/20:00 土|12:00/18:00/23:00 日| 12:00/18:00
・2021年4月20日㈫ 静岡県『6R県民運動』
・2021年5月11日㈭ K-mix 静岡エフエム放送ラジオカー「うごラジ」

実践活動紹介

・2021年6月30日 浜松いわた信用金庫 篠原支店 店頭に回収ボックス設置
・2021年5月15日 常葉大学(浜松キャンパス)校内に回収ボックス設置
・2021年5月10日~5月28日 浜松市立東部中学校 社会貢献部活動
・2021年4月25日 ボーイスカウト浜松 第30団 カブ隊
・2021年4月14日 ㈱三共 正面玄関に回収ボックス設置
・2021年4月10日 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 ToBiO 1階に回収ボックス設置

水泳場 ToBiO       ㈱三共            ボーイスカウト浜松
   

浜松市立東部中学校   常葉大学 浜松キャンパス  浜松いわた信用金庫 篠原支店
     

分別体験学習の場「リサイクルステーション」

実施 平成29年4月1日(土)~12月28日(木)
家庭ごみ「分ければ資源」古紙分別回収隊として、年6回のリユース体験イベント「もったいない市」の会場で、古紙の分別体験学習の場「リサイクルステーション」を開催します。
会場では古紙の回収に加えて、古紙の「正しい出し方」も説明します。

雑がみ啓発事業:雑がみの回収にご協力ください

紙ごみは「もえるごみ」として出してしまうと、そのまま焼却されてしまうだけですが、
まだまだ資源として再生できる紙資源がたくさん混じっています。
すぐに「もえるごみ」として出すのではなく、資源として有効活用できるよう市民の皆様の協力が不可欠です。

エコライフはままつ は 紙ごみを資源としてリサイクルしてもらえるよう、
チラシ等に統一した「雑がみ」と分かる表示を記載をすすめる活動を行っております。

『雑がみ啓発事業』

一緒に「雑がみ」の減量にご協力いただける団体の方へ

※詳しい情報が必要な方は、エコライフはままつ お問い合わせページより、ご相談ください。

このページのトップへ