「もったいない」が合い言葉!

「もったいない」とは?

ごみを減らす(Reduce:リデュース)

繰り返し使う(Reuse:リユース)

をキーワードに、ごみになるものを作らない・買わない、再利用することを重点的に進める考え方です。

今後の10年先、100年先を見据えた時、浜松市の豊かな環境を次世代に引き継いでいくためには、
私たち一人ひとりが、自然環境や地球環境に配慮し、真に持続可能な社会づくりを進めなくてはいけません。

その一歩として、ごみ問題は避けて通れません。

そこで、エコライフはままつは「もったいない」のもと、ごみの発生を抑制し(リデュース)、使えるものは繰り返し使う(リユース)ことで、ごみの総量を減らすことが大事だと考えます。

ごみ減量のためのキーワード その1
「ごみを出さない(リデュース)」

ごみが好き、ごみをたくさん出したいという人は、まずいないと思います。
しかし、気がつくと、ごみの日には袋に入り切らないほどのごみを出したりしていませんか?

必要のないもの、すぐに「ごみ」になってしまうものを、もらったり、買ったりしていませんか?
「もったいない」を意識するだけでも、ごみは大きく減らせます。
まずは出来るところから始めてみましょう。なにより家計の節約にもなりますよ。

マイバッグ/マイバスケットを持参して、レジ袋はもらわない

使い捨て商品をできるだけ使わない

余分なものを買わない

料理を作り過ぎずに、食べ切れる分量だけを作る

段ボールを使って生ごみを処理する

ごみ減量のためのキーワード その2
「繰り返し使う(リユース)」

まだ使えるものをごみにしていませんか?
繰り返し使うことで、ごみは減らせます。
小さくなって着られなくなった服も、リメイクで生まれ変われます。
ずっと使っていると愛着も湧いてきます。

また、自分にとって不用になったものでも、他の人には必要ということもあります。
本当に「ごみ」として捨てるしかないのか、捨てる前にもう一度考えてほしいと思います。

紙皿や紙コップのような、使い捨ての商品をできるだけ使わない

使わなくなった衣類や家具もリメイク

ちょっとした傷や傷みは修理して使う

もったいない市やフリーマーケット、インターネットのフリマサイトに出品して、必要な人に使ってもらおう

ごみ減量のためのキーワード その3
「リサイクルしよう」

もう「ごみ」にするしかなくても、正しく分別することで、ごみも「資源」として再活用できます。
ただ、忘れないでほしいのは、再資源化するにしても、エネルギーや資源が必要です。
まずは「ごみを減らして」から、「ごみの再資源化」。この順番が大事なんです。

活動紹介

「貸出リユース食器事業」(平成28年度より、現在も継続中)

NO!紙コップ NO!紙皿
様々なイベント会場では、使い捨て容器の利用が主流となっています。
「イベントの後には大量のごみ」という状況を改善するために、貸出リユース食器(陶磁器製、ガラス製)の導入を提案しています。
「貸出リユース食器事業」について、より詳しく

color_jpn本事業は 独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金 の助成を受けています。

「楽器のリユース事業」(平成21年度より、現在も継続中)

小・中学校で使った楽器を海外でリユース
小・中学校の音楽教材「鍵盤ハーモニカ」「ソプラノリコーダー」はメンテナンス不要で、長期的に充分リユース可能です。
それらの楽器を必要としている国の学校(子供たち)へ、直接物資(楽器)を届ける事業を行なっています。

届ける国や、募集期間など、さまざまな条件があります。もし、寄付をされたい方は下のボタンより、必ず条件をご覧ください。

「楽器のリユース事業」について、より詳しく

「もったいない実践メモ手帳」(平成28年度活動)

「もったいない」を合言葉に、生活を見直しませんか?
市民1,880人に「ごみ減量宣言」をヒアリングした結果を元に、リデュース、リユースの具体的な項目から、既に行動できていること、これから行動したいことの見直しができる「2Rもったいない実践メモ手帳」を製作、約22,000名に配布を行いました。

「2Rもったいない実践メモ手帳」について、より詳しく

color_jpn本事業は 独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金 の助成を受けています。

「スッキリ☆エコ自慢」(現在活動中)

ごみ減量の知恵・工夫65例を紹介しています
前年に好評だった「もったいない実践メモ手帳」を手にした方々に、ごみ減量の行動や知恵・工夫をヒアリング。その内容を元に市民が取り組んだ65例をまとめた冊子「スッキリ☆エコ自慢」を作成しました。

詳しい内容を知りたい方や、冊子がご希望の方は、下のボタンより「スッキリ☆エコ自慢」の専用ホームページをご覧ください。

「スッキリ☆エコ自慢」について、より詳しく

color_jpn本事業は 独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金 の助成を受けています。

活動実績

新聞掲載

あさがおだより 平成30年4月1日
静岡新聞 平成30年2月15日(木)朝刊24面 「スッキリ エコ自慢冊子」紹介
静岡新聞 平成29年11月28日 朝刊21面 楽器支援報告
静岡新聞 平成29年5月24日 朝刊22面 「2Rもったいない実践メモ帳」紹介

講演会開催報告

0719講演会開催報告書
静岡新聞 平成30年7月20日 朝刊20面 ごみ減量で天下取り
中日新聞 平成30年7月20日 朝刊14面 浜松ごみ減量大作戦

イベント参加報告

平成30年度

平成30年8月5日 イベント報告
平成30年7月15日 イベント報告
平成30年7月1日 イベント報告
平成30年6月23日 イベント報告
平成30年6月17日 イベント報告
平成30年5月20日 イベント報告

平成29年度

平成30年3月15日 活動報告
平成30年3月3日 イベント報告
平成30年2月18日 イベント報告
平成30年2月10日 活動報告
平成30年2月4日 イベント報告
平成30年1月28日 イベント報告
平成30年1月21日 イベント報告
平成29年12月17日1217 イベント報告
平成29年11月26日1126 イベント報告
平成29年11月19日1119 イベント報告
平成29年08月05日0805 イベント報告
平成29年07月30日0730 イベント報告
平成29年06月18日0618 イベント報告
平成29年06月17日0617 イベント報告
平成29年05月21日0521 イベント報告

このページのトップへ