リユース食器貸出制度

リユース食器貸出制度

リユース食器貸出制度

無料で食器をお貸しします

様々なイベント会場では、使い捨て容器の利用が主流となっています。

「イベントの後には大量のごみ」という状況を改善するために、NPO法人エコライフはままつ は、貸出リユース食器(陶磁器製、ガラス製)の導入を提案しています。

浜松市内で行われるイベント等に、無料で食器を貸し出しております。貸出対象/条件など詳しいことは、リユース食器貸出要領をご確認ください。

「貸出食器」紹介

現在の貸出食器は、20170803 貸出食器在庫リストをご覧ください。
貸出をご希望の方は、リユース食器貸出要領をご確認ください。

平成29年度 「貸出リユース食器」を使用したイベント 1回目

はままつEスイッチフェス「日干し食材お手軽クッキング」

貸出期間:平成29年8月3日~8月9日まで
貸出先:浜松市環境部環境政策課
会場:地球のたまご
貸出食器:お湯呑 20個、取り皿(中) 15個、小鉢 15個
参加人数:大人 9人、子供 3人
料理:日干し野菜の料理は”エコ”
・干し野菜のカネッペ
・干し野菜ときのこのスープ
・ドライバナナのおやつ
・ハーブティー、野草茶
     

料理を食べ終わった際には、全ての食器を持参した「ウエス」で拭いてからの返却となります。
貸出食器をご利用の際には、「ウエス」(不要な衣類等を切った布)を一緒にお渡しします。ご利用ください。

平成28年度 「貸出リユース食器」を使用したイベント 1回目

P1080371フォーラムE「親子で学ぼう!フォーラムEの自然楽校」~サバイバル・クッキングと自然遊び~

貸出期間:平成28年7月23日~7月27日まで
貸出先:フォーラムE
会場:常葉大学浜松キャンパス
貸出食器:お湯呑 60個
(フォーラムEは、浜松市環境学習指導者養成講座修了生が集まってできた団体です。)
参加者は、大人20人、子供22人
「エコ弁を作ろう!」環境と食のアドバイザー山口先生
 みそ玉をつくり味噌汁
<感想>
・子ども用の味噌汁に使用しました。大きさが丁度よく大変便利に使用でしました。
・ふき取り用にいらない洋服を小さく切ったウエスは、使い勝手の良いサイズでした。 料理後にお鍋に残ったお湯ですすいでからウエスで拭き取りました。環境にやさしい取り組みとなりました。
IMG_2003 IMG_2637 IMG_6556

平成27年度 活動内容

本事業は「平成27年度 独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金」の助成を受けておりました。

「リユース食器貸出制度」を知って頂き、普及を進めるために、啓発活動を中心に行いました。

もったいない食器市のアンケート

P1070432平成28年2月14日「もったいない食器市」開催会場にて、同事業で残った食器をどうしたらよいか?アンケートを行いました。
アンケート参加者 130名
結果もったいない食器市に関するアンケートまとめをご覧ください。

同アンケートの意見を参考にして、今後は、残った食器の常設展示を含めて出来るだけ廃棄を行わないよう市民に啓発を行います。
P1070407 DSCF5604 DSCF5593

貸出リユース食器の紹介とアンケート

平成27年8月2日(日)浜名湖ガーデンパークにて、イベント「エコで楽しく!ごみ減量 in 浜名湖ガーデンパーク」を開催した際、リユース食器の紹介と、貸出リユース食器に関するアンケートを行いました。

リユース食器の紹介とアンケートの様子


アンケート結果

その時の貸出リユース食器に関するアンケート結果をまとめました。

アンケート回答者数 49名(男性 10名、女性 39名)
回答者の年齢:20歳代~60歳代

※回答者には、エコグッズ進呈(限定数/先着順)

Q1:リユース食器貸出制度または譲渡の制度を利用したいですか?
・利用したい 26名
・利用したくない 23名

Q2:利用したいと思わない理由 (複数回答可)
・そろっている 16名
・衛生面が心配 3名
・受渡の負担が大きい 3名

Q3:リユース食器利用の希望
・貸出:小皿、湯呑、平皿、グラスなど
・譲渡:小鉢、どんぶり、小皿
・どちらでも:小皿、湯呑

Q4:リユース食器を利用したいイベント
・1位:法事
・2位:家族の集まり

【アンケート時の市民の声】

・若い人たちに物を大切につかうことを考えてもらうために紙皿ではなく食器をちゃんと使ってもらいたい。
・よい制度だと思う
・自宅には沢山の食器があるので必要ないが、良い事業だと思う。
・貸出より譲渡がよい。
・借りるのは面倒である。
・ごみが有料になれば考えるが、今は無料なので捨てれば良いと思う。
・自分自身でイベントを開催はしないので、家庭もしくは知人に広めたい。
・目先を変えたいときに利用したい。
・ごみは行政が処分するものだから、行政が考えればよい。

※今後も継続してアンケートを実施します。

貸出リユース食器を使用したイベント 4回目

IMG_1158幼稚園 3 歳児の「預かり保育のおやつタイム」での利用
貸出期間:平成 27 年 11 月 18 日~11 月 27 日まで
貸出先:浜松市立可美幼稚園
貸出食器:湯呑 21 個、小鉢 19 個
<感想>
・いつもはプラスチック容器を使用しています。子ども達が本物を使うことで丁寧に扱っている様子が見られました。
・本物を使う大切さを感じました。
・家庭と同じ環境の食器を使い事が大切だと感じました。

IMG_1539 IMG_1545 IMG_1581

貸出リユース食器を使用したイベント 3回目

P1060309平成27年9月17日(木)浜松市環境部環境政策課「環境学習指導者養成講座」が開催されました。

日時:平成27年9月17日(木)10:00~12:30
会場:浜名湖ガーデンパーク 体験学習館
イベント内容:「エコクッキング」
        事前に用意された缶詰や乾物を使ってできる料理を作る。
        主菜、副菜、汁物の3品
        参加者13名(環境学習指導者養成講座の中の講座としての調理実習です。)

貸出食器:お茶碗 20個、小鉢 20個、湯呑 20個
貸出期間:9月10日(木)~9月18日(金)
P1060308 P1060305 P1060312
貸出食器については、専用コンテナ(写真:右上)に入れ「汚れ取り用のウエス」も一緒に貸し出します。
また、前回の反省より貸出コンテナ毎に希望食器入れて貸出ました。

今回の料理は・・・
IMAG0278 IMAG0282※写真右の小鉢が、貸出食器です。

今後も継続した「リユース食器の貸出」を啓発していきます。
ご興味のある方は、事務局(TEL 053-440-0006)に、ご相談ください。

貸出リユース食器を使用したイベント 2回目

P1060082s-浜松市環境部環境政策課主催のイベント
「Eスイッチフェス」
浜名湖ガーデンパークで開催されました。

日時:平成27年8月11日 10:00~15:00
会場:浜名湖ガーデンパーク  体験学習館
イベント内容:
①保存食でエコ料理:リユース食器使用
②親子エコ料理:リユース食器使用

③浜松リサイクル工房:牛乳パックを使った工作
④浜名湖大物釣りゲーム
⑤ネイチャークラフト
⑥ごみはトラベラー:ごみ収集車積込体験
⑦太陽はトモダチ:ソーラークッカーで料理
などなど・・・・盛りだくさんのイベントです。

午前の「保存食でエコ料理」と午後の「親子エコ料理教室」では
「リユース食器の貸出制度」を利用していただきました。
貸出時食器の様子は、以下です。
   P1060078s-
=貸出食器=
・湯のみ 33個
・小鉢 24個
・茶碗 18個
・お椀 18個
・汚れ取り用ウエス 1箱

保存食でエコ料理
IMG_6631 IMG_6241 IMG_8891

 

 

 

 

親子でエコ料理教室
IMG_9222メニュー
<目玉焼きみたいなパンナコッタ&寒天ゼリー>
実習の後は、自分たちで作った料理をいただきました!
後片付けの際にも、環境にいい片付けを心がけるなど、環境への意識が変わったようでした。

≪≪貸出食器使用の感想≫≫
・エコクッキングに、合っていました。良かったです。
・ウエスは、汚れの酷い食器に使用するなど、エコな片付けに役立ちました。
・片付けの際に、返却コンテナが分からず困りました。貸出コンテナ毎に、保存個数を明記をお願いします。

今後も”ごみ減量”の活動として「リユース食器貸出」事業を行います。
ご希望の方は、事務局(TEL 053-440-0006)にご相談ください。

貸出リユース食器を使用したイベント 1回目

平成27年8月8日(土)当NPO主催の「浜松市西部清掃工場10万人達成記念 前夜祭」を開催した際に、
「リユース食器貸出制度」普及、啓発の意味も込めて、実際に貸出用のリユース食器を使いました。

 

貸出用のリユース食器を使って購入したお惣菜を分けて並べ、参加者個々の小皿も使用。
飲料水のガラスのコップも同様です。


種類や大きさなどは同じではありませんが、使い勝手に問題はありません。
参加者の方々とお皿を間違える心配がありません。

片付けも簡単です。事前に準備した「ウエス」で軽く拭いた後は、流しで洗浄します。
女性スタッフが多いので、片付けも短時間に出来ました。

もちろん、お持ち帰り料理にも食器を使用しました。次回、返却でOKです。


<会場の様子>

写真右上:NPO松田副理事長の挨拶

<感想・反省点>
購入したお惣菜やお寿司の為、購入時についてきたプラスチック容器が沢山出てしまいました。
購入時に一工夫しておけば・・・・反省です。

ご参加いただきました、皆様からの差し入れは、家庭内の容器で持参されたかたも見受けられ、流石、ごみ減量を啓発している仲間と感心しました。

今後も継続した「リユース食器の貸出」を啓発していきます。
ご興味のある方は、事務局(TEL 053-440-0006)に、ご相談ください。

このページのトップへ